国民健康保険

更新日:2021年03月01日

就職・退職などにより、他の保険に加入もしくは脱退したとき

 就職や退職などにより他の保険に加入もしくは脱退した場合は、その事由が発生した日から14日以内に手続きをしていただく必要があります。
 また、他の市区町村から転入され国民健康保険に加入する場合や、現在国民健康保険に加入中の方で他の市区町村へ転出する場合も、住民異動届をしていただく際に手続きが必要になります。

  • 国民健康保険に加入するとき【退職・転入など】
  • 国民健康保険を脱退するとき【就職・転出など】
  • その他の資格に関する手続き
  • 様式ダウンロード

国民健康保険に加入するとき【退職・転入など】

 会社を退職したり、他の市区町村から転入して燕市国民健康保険に加入する場合は、次のものを用意して手続きを行ってください。

用意するもの
こんなとき 必要な書類 共通に必要なもの
会社を退職したとき
(社会保険の扶養認定が抹消されたとき)

健康保険資格喪失連絡票など退職日や認定抹消日がわかる書類

  • 運転免許証等で届け出人の本人確認ができるもの
  • 印かん(注意事項1)
  • 委任状(注意事項2)
  • マイナンバー通知カード(もしくはマイナンバーカード)(注意事項3)
燕市に転入して引き続き国民健康保険に加入するとき

転出証明書

  • 運転免許証等で届け出人の本人確認ができるもの
  • 印かん(注意事項1)
  • 委任状(注意事項2)
  • マイナンバー通知カード(もしくはマイナンバーカード)(注意事項3)

注意事項

  1. 印かんについては、国民健康保険税の口座振替を行う場合は、世帯主の印かんと銀行への届出印が必要になります。その他の場合でも手続きに必要になる場合がありますので、持参してください。
  2. 委任状は、同一世帯以外の人が手続する場合に必要になります。
  3. マイナンバー通知カード(もしくはマイナンバーカード)については、窓口の届出書にマイナンバーを記入していただくことがあります。加入される方の分と世帯主のマイナンバーを記入できるようにご用意ください。

手続きが遅れた場合

 国民健康保険に加入する手続きが遅れた場合でも、届出日からではなく、社会保険等の資格を喪失した日に遡って加入したことになります。国民健康保険税についても加入日まで遡って課税されますので、早めの手続きをお願いします。

医療機関窓口での自己負担割合について

 病気やケガをした場合、病院等で「被保険者証」を提示すれば、医療費の一部を窓口で負担することで治療を受けることができます。残りの医療費については、燕市国民健康保険が直接負担します。
 窓口で負担していただく金額は、保険適用を受けられない部分については全額、保険適用を受けられる部分については医療費の総額に【自己負担割合】を乗じて計算されます。自己負担割合は、年齢や所得区分などにより決まります。くわしくは以下のリンクをご覧ください。

国民健康保険を脱退するとき【就職・転出など】

会社に就職したり、他の市区町村へ転出して燕市国民健康保険から脱退する場合は、次のものを用意して手続きを行ってください。

用意するもの
こんなとき 必要な書類等 共通に必要なもの
会社に就職したとき
(社会保険等の扶養に認定されたとき)
  • 健康保険資格取得連絡票など就職日や認定日がわかる書類
  • 社会保険等から交付された新しい保険証(下記「注意事項」の1)
上記のうちいずれか1つ
  • 運転免許証等で届け出人の本人確認ができるもの
  • 印かん(下記「注意事項」の3)
  • 委任状(下記「注意事項」の4)
  • マイナンバー通知カード(もしくはマイナンバーカード)(下記「注意事項」の5)
燕市から転出するとき
  • 現在使用中の国民健康保険の被保険者証(下記「注意事項」の2)
  • 運転免許証等で届け出人の本人確認ができるもの
  • 印かん(下記「注意事項」の3)
  • 委任状(下記「注意事項」の4)
  • マイナンバー通知カード(もしくはマイナンバーカード)(下記「注意事項」の5)

注意事項

  1. 社会保険等の保険証をお持ちいただく場合は、国民健康保険を脱退される方全員分の保険証をご用意ください。
  2. 被保険者証については回収させていただきます。届出日より後の日付で転出される場合は、有効期限の変更を行いますので、必ずお持ちください。
  3. 印かんについては、国民健康保険以外の手続きでも必要になる場合がありますので、持参してください。
  4. 委任状は、同一世帯以外の人が手続する場合に必要になります。
  5. マイナンバー通知カード(もしくはマイナンバーカード)については、窓口の届出書にマイナンバーを記入していただくことがあります。加入される方の分と世帯主のマイナンバーを記入できるようにご用意ください。

資格喪失後の受診について

 社会保険等の保険証が届く前に受診する場合、受診される医療機関に保険証が切り替わることについて申し出てください。国民健康保険の保険証を提示したことなどの理由により、医療機関から燕市が請求を受けて負担した場合、燕市が負担した医療費について返納していただく場合があります。

その他の資格に関する手続き

就職や退職、転入・転出のほか、以下のような場合に手続きが必要です。

その他の状況ごとの必要なものと手続き内容
こんなとき 必要なもの 手続き内容
世帯を分けたとき・世帯を一緒にしたとき(世帯分離・世帯合併)
  • お使いの国民健康保険の被保険者証
  • 印かん(下記「注意事項」の1)
保険証の番号や氏名などを変更します。
住所・世帯主・氏名が変更されたとき(転居・世帯主変更・婚姻・離婚)
  • お使いの国民健康保険の被保険者証
  • 印かん(下記「注意事項」の1)
保険証の番号や氏名などを変更します。
就学のために他の市区町村へ転出するとき
  • お使いの国民健康保険の被保険者証
  • 在学証明書や学生証の写し(有効期限のわかるもの)
  • マイナンバー通知カード(もしくはマイナンバーカード)(下記「注意事項」の2)
学生特例の保険証に切り替えます。

注意事項

  1. 新しい世帯主になった方で、国民健康保険税の口座振替を希望する場合、世帯主の印かんと銀行への届出印が必要になります。
  2. 就学のために他の市区町村へ転出される場合、届出書を記入していただきます。その際、マイナンバーを記入していただきますので、ご用意ください。
  3. 同一世帯以外の方が手続される場合は、委任状が必要になります。

様式ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 保険年金課 国保係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8132

メールフォームによるお問い合わせ