幼児教育・保育の無償化(副食費の実費徴収化)

更新日:2021年03月01日

副食費の実費徴収化について

1号認定の子ども及び2号認定の子ども(3歳児クラスから5歳児クラスに限る)の副食(おかず、おやつ)にかかる費用は、従来、保育料の中に含んで徴収されていましたが、無償化後も引き続き保護者の負担となります。燕市の公立幼稚園は月額3,650円、公立保育園・公立認定こども園は月額4,500円を口座振替により納入していただきます。私立施設の徴収方法等については、施設に直接お問い合せください。

  • (注意1)3号認定の子ども(0歳児クラスから2歳児クラスに限る)の副食費については、引き続き保育料に含まれて徴収されます。
  • (注意2)年収360万円未満相当世帯の子どもと、全ての世帯の第3子以降(1号認定の子どもは小学校3年生以下の範囲、2号認定の子どもは小学校未就学前の範囲でカウント)の子どもについては、副食費が免除されます。
この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 子育て支援課 保育・幼児教育係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8222

メールフォームによるお問い合わせ