令和4年知事選挙及び県議補選_投票できる方

更新日:2022年04月28日

新潟県知事選挙に投票できる方

投票できる方

新潟県知事選挙の選挙権がある方は、日本国籍を有し、次の2つの要件をともに満たす方です。

(1)平成16年5月30日までに生まれた方

(2)令和4年2月11日までに燕市に転入の届出をし、令和4年5月11日まで引き続き市内に住所を有する方で、投票する日に選挙人名簿に登録されている方。

燕市内で住所を移動した方

4月20日以降に市内で転居した方は、以前の住所で選挙人名簿に登録されています。その際は、前住所地の投票所で投票してください。

燕市から県内転出された方

2月12日以降に新潟県内の他市町村に転出した方は、燕市で投票または転出先の市町村で不在者投票ができます。その際、引き続き、県の区域内に住所を有することを証明できる文書(居住証明書など)が必要です。なお、居住証明書は新・旧どちらの住所の市町村でも無料で交付しています。

燕市から県外転出された方

投票前に燕市から転出された方は、転出予定日の翌日以降は選挙権はありません。  

新潟県議会議員(燕市西蒲原郡選挙区)補欠選挙に投票できる方

投票できる方

新潟県議会議員(燕市西蒲原郡選挙区)補欠選挙の選挙権がある方は、日本国籍を有し、次の2つの要件をともに満たす方です。

(1)平成16年5月30日までに生まれた方

(2)令和4年2月19日までに燕市に転入の届出をし、令和4年5月19日まで引き続き市内に住所を有する方で、投票する日に選挙人名簿に登録されている方。

燕市内で住所を移動した方

4月20日以降に市内で転居した方は、以前の住所で選挙人名簿に登録されています。その際は、前住所地の投票所で投票してください。

燕市から県内転出された方

2月20日以降に新潟県内の他市町村に転出した方は、燕市で投票または転出先の市町村で不在者投票ができます。その際、引き続き、県の区域内に住所を有することを証明できる文書(居住証明書など)が必要です。なお、居住証明書は新・旧どちらの住所の市町村でも無料で交付しています。

燕市から県外転出された方

投票前に燕市から転出された方は、転出予定日の翌日以降は選挙権はありません。  

この記事に関するお問い合わせ先

選挙管理委員会事務局 選挙係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8313

メールフォームによるお問い合わせ