緊急対策【新型コロナウイルス関連】

更新日:2021年03月01日

燕市の総合対策『「ふるさと燕」を守ろう!フェニックス11(イレブン)』について

燕市では、新型コロナウイルス感染症に関する総合対策『「ふるさと燕」を守ろう!フェニックス11(イレブン)』を実施します。経済対策から生活支援まで、市独自に実施する総額10.8億円の総合対策です。

第1弾の「フェニックス11」、第2弾の「プラス5」、第3弾「11Again(イレブンアゲイン)」を実施しています。

詳細は下記のリンクをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症流行地域往来者PCR検査費用助成事業

受験や冠婚葬祭、里帰り出産等やむを得ない事情により「感染拡大がみられる地域」と往来のある市民の不安を解消し、感染の拡大防止を図るため、PCR検査にかかる費用の一部を助成します。

(注意)「感染拡大がみられる地域」…国が発令した緊急事態宣言の対象地域および新潟県の警報発令に伴う往来自粛要請の対象地域

詳細は下記のリンクをご確認ください。

市内事業所への唾液PCR検査費用の補助を実施します

市内の民間検査機関が県内で初めてPCR検査を開始するなど検査しやすい環境が整ってきたことを受け、民間検査機関が実施する唾液PCR検査費用の一部を補助する「市内企業感染症リスク管理支援事業」を実施し、県外への移動を伴う経済活動等における感染症のリスク管理を支援します。

詳細は下記のリンクをご確認ください。

実習生を対象に唾液PCR検査費用を助成します

燕市在住又は燕市出身の生徒・学生で、資格の取得を目指し燕市又は近郊で教育実習等を行う者を対象に「実習生応援PCR検査費用助成事業」を実施し、民間検査機関が行う唾液PCR検査の費用を助成し、安心して実習に取り組めるよう支援します。

詳細は下記のリンクをご確認ください。

親元を離れて暮らす学生に応援物資を届けます

市内有志のみなさんと連携し、親元を離れて暮らしている学生の皆さんに応援物資を送ります。第一弾は10月中旬に「新米コシヒカリ5キログラム」、第二弾は11月中旬頃に「地元の名店”ごはんにあうおかず”セット」を届けました。第三弾は12月上旬の発送を予定しています。
申込〆切は12月15日(火曜日)です。

お申込み、その他詳細は下記のリンクをご確認ください。

特別定額給付金について

終了いたしました。
新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う「特別定額給付金」は、終了いたしました。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 防災課 防災対策係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8381

メールフォームによるお問い合わせ