本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう令和元年10月分

web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝えできないことや市内で行われているイベントの様子などをお伝えします。
(最終更新日:令和元年10月17日)

あすチャレ! スクール

令和元年10月10日(木曜日) 場所:燕南小学校 天候:晴れ

パラアスリートと共にスポーツを体験し、リアルな声を聞くことで、人間の多様性を認め合い、人間の強さやすごさを子どもたちに、身をもって体感してもらい、新たな学びにつなげることを目的とした「あすチャレ! スクール」。
あすチャレ

講師を務めるのは、昨年も燕市に来てくださった、根木慎志さん。 シドニーパラリンピックでは車いすバスケ日本代表のキャプテンを務めた方です。
根木さん

「僕ちょっとバスケうまいんだけど、見たいですか?」
児童たちの目は輝きます。 根木さんはフリースローやスリーポイントシュートを披露。
「頑張れ!頑張れ!」 根木さんを応援する声が会場にこだまします。
フリースロースリーポイントシュート

その後、5・6年生の代表者が車いすバスケに挑戦! 初めての体験にも臆せず、ボールに向かっていきます。慣れてくるとパスもつながり、シュートも入るように。
試合前試合中

「難しかったけど、楽しかった。またやりたい。」と感想を教えてくれました。
ハイタッチ感想

休憩時間にも、根木さんは大人気。もうみんな友達です。
休憩

最後に根木さんのお話。
苦手なこともチャレンジすることの大切さ
そしてそれを周りの人が応援することの大切さ
応援してくれる友達の大切さ、などをお話ししてくれました。
講話講話2

真剣に耳を傾け、一人ひとり気づきを得ることができたのではないかと思います。 この経験が子どもたちにとって、新たな学びや明日へのチャレンジにつながることを期待します。
集合写真

 

広報つばめ子ども記者終了式

10月9日 水曜日 場所:燕市役所 天候:晴れ

6月末から始まった「広報つばめ子ども記者」の活動。広報紙も完成し、とうとう終了式を迎えました。3ヶ月半の記者活動、おつかれさまでした。
広報つばめ子ども記者終了式

子ども記者の保護者の皆様、取材にご協力いただいた皆様、小学校の先生など、大勢の方々からご来場いただきました。
まずは、動画で子ども記者の活動の様子を振り返ります。子どもたちの奮闘ぶりが伝わったようです。
動画鑑賞の様子

続いて、各チームがつくった紙面についてのプレゼンテーション。「輝いている人」を通じて燕の魅力を伝えます。
まずは、チームA。テーマは「燕市のいろいろなカード」です。メテオレンジャーカードを中心に「工場カード」「マンホールカード」「堰カード」を取り上げました。
チームAの発表

方言戦隊メテオレンジャーも来てくれました! 会場に入ってきた際、場内が若干ざわつきました(笑)
方言戦隊メテオレンジャー

チームBの発表。テーマは「燕(えん)ジョイ活動部」。「私たちもこんな輝いている大人になりたい」と本人たちが聞いたら泣いてしまいそうなプレゼンでした。
チームBの発表

チームCの発表。テーマは「空き家対策」。空き家を改造し、カフェをオープンした実例を取材。難しいテーマでしたが、うまくまとめることができました。
チームCの発表

チームDの発表。テーマは「中学校の先生」。小学校の先生はよく分かるけど、中学校の先生は何をしているのか分からない。子ども目線ならではのテーマです。
チームDの発表

チームEの発表。テーマは「金属洋食器」。燕といえば金属加工。4月にリニューアルした産業史料館で「奇跡の地・燕」に迫りました。
チームEの発表

子ども記者全員に感謝状と活動をまとめたDVDを送りました。みんな、本当にありがとう!
感謝状の贈呈
子ども記者は感想を発表

広報つばめ子ども版は、10月15日号と一緒に配布されます。子ども記者が「みんなに読んでほしい。そして、燕のいいところを広めたい」と心を込めてつくった力作です。ぜひ、ご覧ください!
子ども広報第8号

リンク:広報つばめ 子ども版 第8号

 

燕市精神保健福祉講座 第一回 発達障がいを学ぼう

10月5日 土曜日 場所:中央公民館 天候:晴れ

中央公民館写真
 今年度の第一回こころの健康講座が、新潟大学教育学部より有川宏幸教授をお招きして「発達障がいのある人の捉え方、視点を体験して学ぶ」と題して中央公民館で開かれました。会場は満席です。
こころの健康講座第一回満席
 開会のあいさつは、健康づくり課丸山です。
健康づくり課丸山
 講師は有川宏幸先生(新潟大学教育学部教授)です。
有川先生
 先生の講座に参加するのは二度目なのですが、小気味よいテンポで説明が進んでいくので、あっという間の2時間でした。
有川教授
主に青年期における、発達障がいの人たちが抱えている困難のことを考えながら、実際に実験をして体感してみました。そこで見えてきたことを、みじかくまとめます。
(1)人とうまくやっていくことが困難
(2)読み書きが苦手
(3)落ち着きがない
 ほかにも、特定の光や音、においなどに鋭敏すぎる感覚の処理の困難などもあるそうです。大切なことは、器の違い・文化の違いといった多様性を認める社会、認め合う社会であるべきだということです。
 実は、先生の本を一冊所有していたので、帰り際にサインをお願いしました。
有川先生署名
 意外?とミーハーな私は、サインをもらった本を大事にカバンにしまって、次の会場に向かったのでありました。

 第二回こころの健康講座は、「こころの病気ってなぁに?」現代人が抱えるストレスとこころの病についてと題して「こころのクリニック ウィズ」院長 後藤雅博先生をお招きします。

リンク:こころの健康講座(健康づくり課)
おすすめリンク:有川宏幸研究室(ありちゃんねる|外部ページ)

 

つばくろ夢まつり

10月5日 土曜日 場所:つばくろの里 天候:晴れ

つばくろ夢まつり
 今年もつばくろ夢まつりを見に行ってきました。つばめ福祉会は創立40周年を迎えたそうです。おめでとうございます。
つばめ福祉会40周年
 島上小のヲミワケ太鼓と三条高校書道部のパフォーマンスには間に合いませんでしたが、ツバクロジャーショウには間に合いました。
 悪を倒そうとするのですが、二日酔いのツバクロジャーは元気がありません。夢工場つばめのパンがあれば元気になれるのですが、今日はもう売り切れてしまいました。
ツバクロジャー
 が、そこに夢工場つばめのパンの耳がとどきます。すると、あっという間に悪を倒して、めでたしめでたしとなりました。
ツバクロージャ―
 三条高校書道部の皆さんの作品です。
三条高校書道部作品
三条高校書道部の作品
 屋台や販売コーナー、ゲームコーナーも人気でした。
つばくろ夢まつり
 わたしはというと、Cafeさんぽ道さんの売り場であったかいコーヒーをいただきながら、おみやげに「雪室コーヒー」ドリップタイプを買って帰りました。

リンク:社会福祉法人つばめ福祉会(外部ページ)

過去のWeb版カメラびゅう(平成26年2月~)

過去のWeb版カメラびゅうのデータはこちらからご覧いただけます。

Web版カメラびゅう過去ログ一覧リスト
2019年
平成31年1月
平成31年2月
平成31年3月
平成31年4月
令和元年5月
令和元年6月
令和元年7月
令和元年8月
令和元年9月
10月
11月
12月
Web版カメラびゅう過去ログ一覧リスト
平成30年(2018年) 平成29年(2017年) 平成28年(2016年) 平成27年(2015年) 平成26年(2014年)
平成30年1月 平成29年1月 平成28年1月 平成27年1月  
平成30年2月 平成29年2月 平成28年2月 平成27年2月 平成26年2月
平成30年3月 平成29年3月 平成28年3月 平成27年3月 平成26年3月
平成30年4月 平成29年4月 平成28年4月 平成27年4月 平成26年4月
平成30年5月 平成29年5月 平成28年5月 平成27年5月 平成26年5月
平成30年6月 平成29年6月 平成28年6月 平成27年6月 平成26年6月
平成30年7月 平成29年7月 平成28年7月 平成27年7月 平成26年7月
平成30年8月 平成29年8月 平成28年8月 平成27年8月 平成26年8月
平成30年9月 平成29年9月 平成28年9月 平成27年9月 平成26年9月
平成30年10月 平成29年10月 平成28年10月 平成27年10月 平成26年10月
平成30年11月 平成29年11月 平成28年11月 平成27年11月 平成26年11月
平成30年12月 平成29年12月 平成28年12月 平成27年12月 平成26年12月
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る