本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう平成31年2月分

Web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝えできないことや市内で行われているイベントの様子などをお伝えします。
(最終更新日:平成31年2月20日)

羽ばたけつばくろ応援事業報告会

平成31年2月16日(土曜日) 場所:燕市民交流センター 天候:くもり

若者の主体的な活動を応援し、夢の実現や社会参画を支援する「羽ばたけつばくろ応援事業」。今年度の活動が終了し、報告会が開催されました。


今年は6団体が申請。皆さん、素晴らしい成果を堂々と発表してくれました。


吉田高校美術部の「燕市を世界へ!! PR」
高校生の視点から燕市・弥彦村の魅力を再発見する動画を制作し、地域活性化に貢献しました。また、トランプは3月以降に子育て支援センター等に寄贈する予定です。


小池中学校の「糸半(いとはん)プロジェクト ~企業の魅力発信バージョン~」
昨年度は、企業と連携を築くプロジェクトを進め、今年度は企業との関係をさらに深めるための活動を実施しました。このプロジェクトは、「ぼうさい甲子園」で奨励賞を受賞しています!
関連リンク:小池中学校の「ぼうさい甲子園」奨励賞受賞について
関連リンク:ぼうさい甲子園(外部ページ)


分水小学校の「分水路サミット ~荒川放水路の学びと大河津分水の発信~」
総合学習や社会科で学習してきた大河津分水と、歴史で学んだ荒川放水路を比較することで理解を深めました。学んだことをリーフレットにまとめ、大河津分水の素晴らしさを地域で暮らす人に伝えました。


燕中等教育学校 OUTDOORSの「自分たちで創る燕市PR海外研修」
将来、「燕の工業製品を世界に発信したり、燕の魅力を伝えたりする観光大使になりたい!」その夢をかなえる素地をつくるために、燕商工会議所と連携し、燕の工業製品をオーストラリアの学校でプレゼンしたり、市街地インタビューを行いました。


分水高校カヌー部の「カヌーの魅力再発見!」
地域の人にカヌー競技の魅力を「再発見」してもらう活動を企画・実施。これらの活動を通して、地域の人がカヌーに親しみをもち、地域を代表するスポーツとしての認知度をより一層高めるための活動を行いました。


燕中等教育学校 Chestnutsの「英国の文化&語学研修」
福島県のブリティッシュヒルズに出向き、普段の授業にはない英語だけの環境の中で「自分で考え、行動し、解決する力」を養うことで、英語力を向上させました。また、異なる文化にふれることで相手を理解する大切さと燕市の良さに気づくことができました。


未来を担う若者たちの素晴らしい発表でした。
燕市は子どもたちの活動を応援していきます!

関連リンク:羽ばたけつばくろ応援事業

第6回つばめっ子かるた大会

平成31年2月3日(日曜日) 場所:燕市民体育センター 天候:晴れ

第6回を迎え、すっかり定着した「つばめっ子かるた大会」。
今年も108チーム321人が参加。会場には子どもたちの元気な声が響きました。


午前は、幼児・低学年の部。選手宣誓も立派です。


まだ文字を読めない園児もいると思われますが、読み札が読まれると同時に各所で「ハイ!」の声が!
熱戦の様子をご覧ください。




大激戦を制したのは、幼児の部が燕こども園「スズキハスラー」。
低学年の部が小池小学校「さくらチーム」。
上位3チームで記念撮影です。おめでとうございます。


午後からは、さらにハイレベルな攻防が繰り広げられた中高学年の部。
まずは選手宣誓。


こちらも激戦の様子をどうぞ。




中高学年の部を制したのは、燕南小学校「ツバクロー」。


どのチームも、ルールを守ってがんばりました。
運営にご協力いただきました、ボランティアの皆さんもありがとうございました。
最後に、美声を披露してくれた読み手のお二人です。


関連リンク:つばめっ子かるた大会(結果もこちらからご覧できます)
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る