本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう平成30年10月分

Web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝えできないことや市内で行われているイベントの様子などをお伝えします。なお、編集の都合により掲載日が時系列にならないことがあります。
(最終更新日:平成30年10月19日)
 

千眼堂吊り橋

平成30年10月13日 土曜日 天候:晴れ

 新潟の橋50選にも選ばれている、その橋の名前の由来は、橋が架かっている千眼堂谷にちなんでいるそうです。今春には工事のため通行止めとなっていましたが、改修工事の済んだ7月中旬には通行が再開されています。
千眼堂吊り橋
吊り橋なので、渡ってみると気づきますが、けっこう揺れます。
千眼堂吊り橋
きれいになった床板
千眼堂吊り橋
 橋から谷までの高低差はおよそ35メートルだそうですが、自撮り棒に360度カメラを付けて撮ってみました。

千眼堂吊り橋から #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 せっかくなので、橋を渡って五合庵まで。週末にはボランティアガイドさんがご活躍されています。
千眼堂吊り橋
 五合庵のかやぶき屋根、前回張り替えてからまだ7年くらいだと思いますが、ずいぶん趣深くなってきましたね。
 紅葉にはまだ早いようですが、ちょうどお昼にお邪魔したので、ベンチや東屋ではお弁当を広げている親子連れやご夫婦の姿がありました。
千眼堂吊り橋
 公園にもどってちょっと休憩。この週末あたりに、散策などいかがでしょうか。

おすすめリンク:燕市観光協会(外部ページ)

 林道長崎線から道の駅国上に寄って見ました。ジャンポポスターに圧倒されました!
下町ロケットジャンボパネル
 (道の駅国上、燕三条地場産センター1階に展示中です)

大河津分水さくら公園

平成30年10月13日 土曜日 天候:晴れ

 燕市の公園・緑地の数はおよそ70。小さいもの、大きなもの、いろいろあります。昨年も紹介しましたが、その中のひとつ「大河津分水さくら公園」のコスモスが見頃を迎えています。この日は週末のせいか、たくさんの親子連れで賑わっていました。
大河津分水さくら公園
大河津分水さくら公園
咲いている場所は公園内の駐車場脇です。
大河津分水さくら公園
コスモスは花の色によって花言葉が変わるそうですが、みなさんはどの色が好きですか。
大河津分水さくら公園
つぼみがたくさんありますので、コスモスの見頃はまだ続きそうです。
冬桜も一部ですが咲いていました。
大河津分水さくら公園
大河津分水さくら公園
十月桜はまだつぼみで、咲いていませんでした。
公園内には一部立ち入り禁止となっている場所がありました。菜の花だそうですので、ロープの張ってあるエリアには立ち入らないようにしてください。
大河津分水さくら公園

昨年の10月の終わりにもここを訪れていましたが、そのときは可動堰や旧洗堰を歩き、白鳥たちの飛来に遭遇したんでした。

平成29年10月のWeb版びゅう)コスモス・十月桜・冬桜・可動堰・旧洗堰・白鳥飛来

子ども記者終了式

平成30年10月10日(水曜日) 場所:燕市役所 天候:くもり

広報つばめ「子ども記者」は、6月28日の任命式から約3か月半にわたり、企画・取材・編集といった広報誌作成を自分たちの手で行ってきました。この度見事完成し、終了式を行いました。

会場はたくさんの人が集まり、開会前にほぼ満席になりました。

まずは市長あいさつ。「素晴らしい広報を作ってくれてありがとう!」

次に、活動写真をまとめたスライドショーを観覧。「子ども記者」の奮闘ぶりが伝わってきます。


そして、いよいよ「子ども記者」による紙面のプレゼンテーションです。


取材の時の感想などを織り交ぜながら、要点をまとめてわかりやすく発表できていました。



途中にクイズを入れるなど、聴衆を飽きさせない工夫も忘れません。

質問にも、的確にしっかりと受け答えできていました。

取材に協力してくださった皆さんも会場にお越しいただき、一言ずつ感想をいただきました。
(写真はチームAの取材でお世話になった平成29年おいらん役の野﨑さん・大野さん)

プレゼンテーションの後は、感謝状の贈呈です。
市長から感謝状と記念品が手渡されました。

感謝状の贈呈後には、一人ひとり感想を述べました。
「他の学校の子と仲良くなれてよかった」という感想が多く、子ども記者の活動の意義を改めて感じました。

最後に、子ども記者が取材でお世話になった皆さんにお礼の手紙を渡しました。
取材にご協力いただいた皆さん本当にありがとうございました!

広報つばめ子ども版は、広報つばめ10月15日号と一緒に各ご家庭に配布される予定です。「子ども記者」のアイデアと努力のこもった力作です。ぜひご家族皆さんでご覧ください!



リンク:広報つばめこども版(地域振興課)

つばくろ夢まつり

平成30年10月6日 土曜 午前10時30分~午後2時00分 場所:つばくろの里 天候:晴れ
つばくろ夢まつり開場とともに満車となった駐車場

 毎年秋の恒例となりました、つばくろの里の文化祭、「つばくろ夢まつり2018」が6日の土曜日に開催されました。
つばくろ夢まつり2018
 台風接近間近ということで天候が心配されましたが、会場は暑いくらいの熱気であふれていました。
 今年のキャッチコピーは「笑顔満祭 笑タイム!(えがおまんさい ショータイム)」です。
つばくろ夢まつり2018当日のプログラム
 台風の接近を考慮して、島上小学校のヲミワケ太鼓は体育館での開催となりました。室内の演奏は迫力を感じます。
 島上小学校校長先生、小池地区・島上地区自治会長さんも来賓席で見学されていらっしゃいました。ヲミワケ太鼓が終了すると、バザーの開始です。
つばくろ夢まつり2018つばくろ夢まつり
 体育館、午後からはツバクロジャーショー、日本文理高校チアリーディング部のみなさんの演技、国際こども福祉カレッジのみなさんによるダンス、柳山神楽組合の神輿披露が行われました。
 食堂は食品販売コーナーとなり、あったかハート、Cafeさんぽ道、飴屋本舗、夢工場つばめ、ローソン征木店さんのテーブルが並んでいました。
つばくろ夢まつり2018
 NPO法人リカバリー燕が運営する福祉作業所カフェ、Cafeさんぽ道さん、お店で展示や販売されている作品が所狭しと並んでいました。いつも美味しいコーヒーをありがとうございます。コーヒーで一息入れさせていただきました。
 飴屋本舗さんのテーブルでは、下町ロケットとコラボした商品が早くも並んでいましたので、さっそく購入しました。
つばくろ夢まつり2018
 店主におたずねしたところ、とても人気だそうです。
つばくろ夢まつり2018(家にもどって開けてみました)
 夢工場つばめのパンは大人気で、長い行列ができていました。(写真はありません)
 廊下では、つばくろ作品や、はばたき作品が販売されていました。
 そのほか、ハンドマッサージコーナー、輪投げ、バルーンアートなどもにぎわっていました。
 射的のコーナーは行列ができるほどの人気でした。
つばくろ夢まつり
 つばくろ夢まつりに限ったことではありませんが、たくさんのボランティアのみなさんがご活躍には感謝・感激です。ありがとうございます。また、職員のみなさん、利用者の皆さん、おじゃまいたしました。

リンク:つばくろの里(外部リンク)
リンク:夢工場つばめ(外部リンク)
リンク:下町ロケット(地域振興課)
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る