本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう平成29年3月分

 Web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝え出来ないことや市内で行われているイベントの模様などをお伝えします。
(最終更新:平成29年3月14日)

元気まつり2017(つばめ元気かがやきポイント事業表彰認定式と同日開催)

3月11日(土曜日) 吉田産業会館 天候:快晴

今年で7回目となる「元気まつり」と、「つばめ元気かがやきポイント事業」の表彰認定式が開催されました。
市長ブログにも掲載されております。市長ブログはこちら

吉田産業会館1階入り口付近では、2階多目的ホールに誘導するためのウェルカム隊がお出迎えです。
元気まつり受付
スタッフも仮装して雰囲気づくりに貢献します。
スタッフ仮装

表彰・認定式が始まる前に、受賞者のみなさんで記念写真を撮りました。
集合写真

元気磨きたいのマスコットであり、ポイント手帳にも登場している「にこっち」の着ぐるみ版も登場し会場を盛り上げました。
マスコットにこっち

表彰・認定式のあとに始まる、大抽選会。今年は景品がたくさん集まりました。サポート企業のみなさん、ありがとうございました。
抽選会景品の山

すべての抽選箱に、1等のくじを市長がみずから投入、しっかりとシャッフルしてから抽選会が始まりました。
1等クジの投入
スタッフの増員と流れ作業の工夫で、クジの抽選待ち時間が、かなり短縮できたように感じました。

方言戦隊メテオレンジャーも、急きょかけつけてくださいました。 Facebookページはこちら
メテオレンジャー
メテオレンジャーの衣装は、実はさまざまな種類があるのだそうです。ご存じでしたか。

抽選会とほぼ同時に始まった、「元気まつり」は、オープニングで若さあふれる「恋ダンス」での始まりです。
オープニング画像
ただ見てもらうだけでは、元気磨きたいのプログラムらしくないので、会場のみなさんと肩たたきをし合うアイスブレーク、そして会場のかんたん紹介。

元気まつり、今年の特徴はステージ発表タイムと、ブースでの体験タイムを区分けしたことです。
にこっち楽団
にこっち体操
HIPHOP
着物
ステージ発表をする各プロジェクト

体験タイムでは、工夫をこらした各プロジェクトの体験ができました。とても掲載しきれませんが、一部をご紹介します。
男のチューボー調味料当てクイズフライパン返しの練習
魚釣り魚釣り
健康かるた健康かるた
人間オセロ人間オセロ
方言劇方言健康劇
スクエアステップスクエアステップエクササイズ
射的射的
保健推進委員カロリーチェック
展示コーナー登録プロジェクトの紹介
「元気まつり」は、小さなお子さんから大人まで楽しめる、元気の祭典です。

元気まつりのイベントには、ほとんど顔を出してくれる女の子と、元気磨きたいメンバーの仲良しコンビで、顔はめパネルで記念写真!
顔ハメパネル
仲良し三人組
元気まつりは、今年が七回目。元気磨きたいとしては来年が10周年目となります。4月14日午後には、スタートの会が開催されます。

スタートの会ご案内ページはこちら
元気磨きたいのページはこちら

アロマ&ハーブで糸魚川を支援!

3月1日(水曜日)  燕市民交流センター

昨年12月に発生した糸魚川大規模火災。
その被災者の皆さんを、アロマ&ハーブで元気づけるためのイベントが行われました。
アロマ&ハーブ1


参加者の皆さんがドライハーブ・精油・布地・リボンを持ち寄り、サシェ(匂い袋)を作成しました。
サシェ作りを指導するのは、アロマハンドトリートメントボランティア「ハンド*アロマ」の皆さんです。
アロマ&ハーブ2

布を縫って袋を作る人、ドライハーブを袋に詰める人、完成したサシェをラッピングする人など、
それぞれ分担しながらの作業です。
精油のいい香りが漂う中、次々に可愛らしいサシェが出来上がります。
アロマ&ハーブ3
アロマ&ハーブ4
アロマ&ハーブ5
アロマ&ハーブ6

作業の合間には、オリジナルブレンドのハーブティーが出されました。
ハイビスカス・ローズヒップ・ローズ・レモングラスの4種のハーブを使っており、
爽やかな香りで気分もリフレッシュします。
アロマ&ハーブ7

出来上がったサシェは、すべて糸魚川市社会福祉協議会へ寄附され、被災地支援に活用されます。
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る