本文へジャンプする

現在のページ

暮らし

新型コロナウイルス感染症に関する情報について

新着情報  
6月19日から再開する施設の対応について
 
令和2年6月5日
燕市新型コロナウイルス感染症対策本部

 6月19日から再開を予定している施設について、再開にあたっての利用条件を更新いたしましたのでお知らせいたします。
施設名 再開にあたっての利用条件
屋内スポーツ施設(トレーニングルーム) 混雑時は利用制限を設けたうえで再開
吉田トレーニングセンター(ビジョンよしだ) 以下の利用制限を設けたうえで再開
・燕市民のみ利用可能
・事前予約制(電話予約可)
・利用時間は2時間ごとの入替制
・ジャグジープール、ウォータースライダー、風呂、サウナは引き続き利用休止(シャワーは利用可能)
・1回あたりの利用定員(プール60人程度、トレーニングルーム30人程度、スタジオ15人程度)
B&G海洋センター 以下の利用制限を設けたうえで再開
・利用時間は1時間30分
・利用定員は45人程度
学校開放(屋内・屋外)

 
6月1日から当分の間の公共施設の対応について
 
令和2年5月27日
燕市新型コロナウイルス感染症対策本部

 国は、5月25日に緊急事態宣言を全面解除し、新潟県も本日「自粛や休業要請に関する新潟県の基準」を明らかにし、これまで自粛を求めていた施設の利用などについて、6月1日以降に段階的に緩和するなどの対応を図ることとしました。
 燕市では、公共施設においてこれまで講じてきた利用休止措置を緩和します。この際、施設によっては利用定員や利用時間の設定を行うなど、3つの密(密閉・密集・密接)を回避し感染防止を図ってまいります。
 
<基本方針>
●会議室やグラウンド等の貸し出しは、次の条件を満たす場合に限ります。
【貸出条件】
・3つの密(密閉・密集・密接)の回避、マスク着用など感染防止対策を徹底
・一部首都圏、北海道の方の利用は6月18日まで許可しない
・利用者名簿の提出
・会議やイベント等で利用する場合は、以下の人数に限る
時期   人数上限等の考え方
5月25日~ 屋内 収容率50%以内の人数または
100人のどちらか少ない方
屋外 人数上限200人で十分な間隔(2m)の確保
6月19日~ 屋内 収容率50%以内の人数
屋外 人数上限1000人で十分な間隔(2m)の確保
7月10日~ 屋内 収容率50%以内の人数
屋外 十分な間隔(2m)の確保
8月1日~
(感染状況による)
屋内 収容率50%以内の人数
屋外 十分な間隔(2m)の確保

<各施設の対応について>
(1) 既に(一部)再開している施設
施設名 6月1日以降の利用制限の緩和措置
公民館
(吉田ふれあいセンター、市民交流センター、勤労青少年ホーム含む)
付随する体育館も利用再開
文化会館 大ホールも利用再開
吉田老人センター【浴場】 浴場も利用定員・時間を設けたうえで再開
・入浴者数の制限 常時、男女3人ずつ
・入浴時間はおおむね30分まで
・入館時に「番号カード」配布
 お風呂場前にカードをぶら下げるフックを作成し、カード3枚まで設置できるようにする
・職員の巡回を入浴開始時間後から1時間ごとに実施
屋外スポーツ施設 管理棟も利用再開
公園 有料施設(ゴーカート等)も利用再開
※吉田ふれあい広場における団体利用は、6月18日まで200人以下に限る
産業史料館 団体利用も再開(ただし、見学はエリアごとに一定の間隔を十分に確保できる人数に調整)
産業体験も再開(ただし、同時に最大10人まで)
長善館史料館
分水良寛史料館
団体利用も再開(ただし、見学は一定の間隔を十分に確保できる人数に調整)
図書館 5月11日再開の措置に変更なし
吉田産業会館 5月11日再開の措置に変更なし
分水福祉会館 5月12日再開の措置に変更なし
燕勤労者総合福祉センター 5月11日再開の措置に変更なし
老人集会センター(大曲) 5月12日再開の措置に変更なし
道の駅国上 5月17日再開の措置に変更なし

(2) 6月1日から再開する施設
施設名 再開にあたっての利用条件
屋内スポーツ施設(ビジョンよしだ・B&G海洋センター除く) トレーニングルーム以外を再開
※6月5日に更新しました。
児童館・児童研修館「こどもの森」 利用定員・時間を設けたうえで再開
※12時~14時は消毒作業のため閉館
子育て支援センター 利用定員・時間を設けたうえで再開
磨き屋一番館【視察・体験】 利用定員を設けたうえで再開
燕市温泉保養センター「てまりの湯」
(国上農村環境改善センター含む)
利用定員を設けたうえで再開
・浴室(脱衣室)の入場は男女各30人程度
・浴室に入れない場合は、休憩室でお待ちいただく
・館内が満員となった場合は、一時的に入館を制限
・団体利用(10人以上)の休止は継続
足湯「酒呑童子の湯」 利用時間(10時~17時30分)を設けたうえで再開
島上農村環境改善センター 利用定員を設けたうえで再開

(3) 6月19日から再開する施設  ※6月5日に更新しました。
施設名 再開にあたっての利用条件
屋内スポーツ施設(トレーニングルーム) 混雑時は利用制限を設けたうえで再開
吉田トレーニングセンター(ビジョンよしだ) 以下の利用制限を設けたうえで再開
・燕市民のみ利用可能
・事前予約制(電話予約可)
・利用時間は2時間ごとの入替制
・ジャグジープール、ウォータースライダー、風呂、サウナは引き続き利用休止(シャワーは利用可能)
・1回あたりの利用定員(プール60人程度、トレーニングルーム30人程度、スタジオ15人程度)
B&G海洋センター 以下の利用制限を設けたうえで再開
・利用時間は1時間30分
・利用定員は45人程度
学校開放(屋内・屋外)


6月1日から当分の間の公共施設の対応について(PDF/178KB) ※6月5日に更新しました。

 

燕市の総合対策 『「ふるさと燕」を守ろう!フェニックス11(イレブン)』 について

燕市では、新型コロナウイルス感染症に関する総合対策『「ふるさと燕」を守ろう!フェニックス11(イレブン)』を実施します。経済対策から生活支援まで、市独自に実施する総額4億円の総合対策となります。
現在行っている11の対策のほかに、5つの対策を追加実施します。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

特別定額給付金について

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う「特別定額給付金」について、できるだけ早く市民の皆さんに給付を行うため、現在準備を進めています。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

子育て世帯への臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた子育て世帯を支援する取り組みの一つとして、臨時特別給付金を支給します。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

自然災害時の避難および避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルスの感染が続いている現在の状況における、自然災害時の避難行動と避難所内の対策について掲載いたしました。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。


 

新型コロナウイルス感染症に関する対応等についてお知らせします

燕市内での感染状況について

燕市内での感染状況についてはこちらのリンクをご確認ください。
 
 

予防・相談窓口

【感染症予防対策】
「手洗い」「せきエチケット」の徹底や、発熱がある場合は家で休むようにしましょう。
厚生労働省のチラシもご確認ください。
一般的な感染症対策について
新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために
家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~

 

【帰国者・接触者相談センター(三条保健所・新潟県保健対策課)】
6月30日(火曜日)夜間より、連絡先が一部変更になりました。

風邪の症状や強いだるさ、息苦しさがある場合は、下記へご相談ください。
平日(8:30~17:15) 0256-36-2362(三条保健所)
土日祝日(8:30~17:15) 0256-36-2330(三条保健所)
夜間(17:15~翌8:30) 025-256-8275(新潟県健康対策課)

新型コロナウイルスの概要、市民の皆さんへのお願い、電話相談窓口についてはこちら(健康づくり課)
 
 

公共施設等の状況について

6月1日から当分の間の公共施設の対応について

<基本方針>
●会議室やグラウンド等の貸し出しは、次の条件を満たす場合に限ります。
【貸出条件】
・3つの密(密閉・密集・密接)の回避、マスク着用など感染防止対策を徹底
・一部首都圏、北海道の方の利用は6月18日まで許可しない
・利用者名簿の提出
・会議やイベント等で利用する場合は、以下の人数に限る

時期   人数上限等の考え方
5月25日~ 屋内 収容率50%以内の人数または
100人のどちらか少ない方
屋外 人数上限200人で十分な間隔(2m)の確保
6月19日~ 屋内 収容率50%以内の人数
屋外 人数上限1000人で十分な間隔(2m)の確保
7月10日~ 屋内 収容率50%以内の人数
屋外 十分な間隔(2m)の確保
8月1日~
(感染状況による)
屋内 収容率50%以内の人数
屋外 十分な間隔(2m)の確保

<各施設の対応について>
(1) 既に(一部)再開している施設
施設名 6月1日以降の利用制限の緩和措置
公民館
(吉田ふれあいセンター、市民交流センター、勤労青少年ホーム含む)
付随する体育館も利用再開
文化会館 大ホールも利用再開
吉田老人センター【浴場】 浴場も利用定員・時間を設けたうえで再開
・入浴者数の制限 常時、男女3人ずつ
・入浴時間はおおむね30分まで
・入館時に「番号カード」配布
 お風呂場前にカードをぶら下げるフックを作成し、カード3枚まで設置できるようにする
・職員の巡回を入浴開始時間後から1時間ごとに実施
屋外スポーツ施設 管理棟も利用再開
公園 有料施設(ゴーカート等)も利用再開
※吉田ふれあい広場における団体利用は、6月18日まで200人以下に限る
産業史料館 団体利用も再開(ただし、見学はエリアごとに一定の間隔を十分に確保できる人数に調整)
産業体験も再開(ただし、同時に最大10人まで)
長善館史料館
分水良寛史料館
団体利用も再開(ただし、見学は一定の間隔を十分に確保できる人数に調整)
図書館 5月11日再開の措置に変更なし
吉田産業会館 5月11日再開の措置に変更なし
分水福祉会館 5月12日再開の措置に変更なし
燕勤労者総合福祉センター 5月11日再開の措置に変更なし
老人集会センター(大曲) 5月12日再開の措置に変更なし
道の駅国上 5月17日再開の措置に変更なし

(2) 6月1日から再開する施設
施設名 再開にあたっての利用条件
屋内スポーツ施設(ビジョンよしだ・B&G海洋センター除く) トレーニングルーム以外を再開
児童館・児童研修館「こどもの森」 利用定員・時間を設けたうえで再開
※12時~14時は消毒作業のため閉館
子育て支援センター 利用定員・時間を設けたうえで再開
磨き屋一番館【視察・体験】 利用定員を設けたうえで再開
燕市温泉保養センター「てまりの湯」
(国上農村環境改善センター含む)
利用定員を設けたうえで再開
・浴室(脱衣室)の入場は男女各30人程度
・浴室に入れない場合は、休憩室でお待ちいただく
・館内が満員となった場合は、一時的に入館を制限
・団体利用(10人以上)の休止は継続
足湯「酒呑童子の湯」 利用時間(10時~17時30分)を設けたうえで再開
島上農村環境改善センター 利用定員を設けたうえで再開

(3) 6月19日から再開する施設
施設名 再開にあたっての利用条件
屋内スポーツ施設(トレーニングルーム) 混雑時は利用制限を設けたうえで再開
吉田トレーニングセンター(ビジョンよしだ) 以下の利用制限を設けたうえで再開
・燕市民のみ利用可能
・事前予約制(電話予約可)
・利用時間は2時間ごとの入替制
・ジャグジープール、ウォータースライダー、風呂、サウナは引き続き利用休止(シャワーは利用可能)
・1回あたりの利用定員(プール60人程度、トレーニングルーム30人程度、スタジオ15人程度)
B&G海洋センター 以下の利用制限を設けたうえで再開
・利用時間は1時間30分
・利用定員は45人程度
学校開放(屋内・屋外)

小中学校・児童クラブ等の状況について

小中学校について
5月25日(月曜日)から、学校での教育活動を通常どおり行います。
なお、5月に予定されていた市内小学校の運動会は、児童の安全を第一に考え、中止することとしました。
詳しくはこちらのリンクをご確認ください。

児童クラブ・なかまの会について
小学校の教育活動再開にともない、児童の下校時刻に合わせて開設しております。
ただし、今後の状況の変化に応じて、閉設する場合があります。
児童クラブについてはこちらのリンクをご確認ください。
なかまの会についてはこちらのリンクをご確認ください。


保育園・こども園・幼稚園について
燕東幼稚園は、5月11日から段階的に再開いたします。
詳しくはこちらのリンクをご確認ください。

それ以外の
保育園・こども園は、今までと同様に、感染症防止の対策を講じたうえで開園します。
緊急事態宣言延長にともない、5月11日から31日までは、各家庭で保育が可能な場合は、保護者に家庭保育をお願いすることといたします。
詳しくはこちらのリンクをご確認ください。
   

事業所の皆さんへ

中小企業・小規模事業者向け産業支援制度、事業所対応マニュアル(5月20日13時00分更新)

産業支援制度や各種相談窓口、事業主の皆さまに向けた感染症拡大に伴う対応マニュアルはこちら(6月30日更新)をご覧ください。
また、県の新型コロナウイルス感染症対策特別融資の信用保証料補給枠が、3月23日(月曜日)より拡充されます。
詳細はこちらのリンクをご確認ください


また燕市では、燕市独自に実施する総合対策『「ふるさと燕」を守ろう!フェニックス11(イレブン)』を実施しております。
『「ふるさと燕」を守ろう!フェニックス11』についてはこちらのリンクをご確認ください。
 

セーフティネット保証等の認定に関する専用窓口開設のご案内(4月28日更新)

セーフティネット保証について、新型コロナウイルス感染症対応資金の創設に伴い、臨時窓口を開設しました。

詳しくはこちらのリンクをご確認ください。
 

国や県等の支援制度について(7月15日更新)

国や県等の支援制度について、以下のページをご確認ください。
 
1.日本政策金融公庫 2.経済産業省 3.厚生労働省 4.首相官邸 ​​5.新潟県

生活福祉資金貸付制度について(3月26日11時40分更新)

新潟県社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯への貸付を行います。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

   

イベント等の延期・中止情報

 
市内での新型コロナウイルス感染症患者の発生に伴い、市事業・イベントについては、当面、延期または中止いたします。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。
ページ上部へ戻る
 

その他

燕市は帰省を自粛する学生の皆さんを応援します

燕市への帰省を自粛している、新潟県外のすべての都道府県に住む燕市出身の学生に対し、市内有志の皆さんからのご厚意で、燕市産のコシヒカリ5キロと手作りの布製マスク1枚などを送ります。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

また、応援の第3弾として、「お菓子詰め合わせ、ドリップコーヒー、栄養ドリンク」等を送ります。
詳細はこちらのリンクをご確認ください。

住民税非課税世帯の高校生世代を対象とした緊急支援について

「公益財団法人あすのば」が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって生活に大きな影響を受けた高校生世代の人を対象に、給付金をお届けしています。

こちらのページをご確認ください。

国民健康保険事業に関するお知らせについて

新型コロナウイルス感染症に関連した、国民健康保険事業に関するお知らせを集約した専用ページを作成しました。

こちらのページをご確認ください。
 

後期高齢者医療に関するお知らせについて

新型コロナウイルス感染症に関連した後期高齢者医療に関するお知らせを集約した専用ページを作成しました。

こちらのページをご確認ください。

国民年金に関するお知らせについて

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などにより、国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時特例による免除申請の受付手続きが開始されます。

こちらのページをご確認ください。

「完全予約制時間割」による健康診査の実施について

市民の皆さんに安心して検診を受けていただくため、3つの密の重なりを避けて行う「安全予約制時間割」による健康診査を実施します。
実施期日分の予約が定員に達したことにより、予約受付を終了しました。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

農業の支援策に関する情報について

新型コロナウイルス感染症に関する農業者の皆さんへの支援策などの情報を掲載しています。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

手話通訳者等の派遣をご利用のみなさまへ

手話通訳者等の派遣についての注意事項を掲載しています。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、インターネットやSNSにおいて、根拠のない誹謗中傷や心ない書き込みが広がっています。人権に配慮した冷静な行動をお願いします。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

新型コロナウイルスに便乗した詐欺にご注意

新型コロナウイルスに便乗した詐欺が確認されています。国民生活センターでは、悪質な事例を被害の未然防止のため紹介し、注意喚起を行っています。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に便乗した身に覚えのない商品の送り付けにご注意

新型コロナウイルス感染症に便乗した身に覚えのない商品の送り付けについて、消費者庁が注意喚起を行っています。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

税金の納付が困難な方の相談窓口について(4月10日11時40分更新)

新型コロナウイルス感染症等の影響により、市税を納期限内に納付することが困難となった場合、納付についてのご相談をお受けします。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための市役所の業務体制について

燕市では、緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大したことを踏まえ、4月20日より新型コロナウイルス感染症拡大防止のための取り組みを強化し、職員の分散業務を行っています。
そのため、窓口業務を行う職員が平常時より少なくなっている部署があります。
市民の皆様にはご不便をおかけする場合がありますが、感染拡大防止のため、ご理解、ご協力をお願いいたします。

詳細はこちらのリンクをご確認ください。
 

会議の開催状況

詳細はこちらのリンクをご確認ください。
 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

防災課

電話番号:0256-77-8381

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る