児童手当

更新日:2021年10月04日

児童手当のご案内

支給要件

支給対象となる児童

原則として国内に居住する中学校修了前まで(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)の児童

受給者

次のいずれかに該当する燕市に住民登録のある方

  1. 支給対象となる児童の父または母のうち、生計中心者(住民登録がある外国人の方を含みます)
  2. 支給対象となる児童の未成年後見人
  3. 支給対象となる児童の父母が外国在住の場合に、父母に指定された方(父母指定者)
  4. 支給対象となる児童を養育している里親
  5. 上記1~5以外で支給対象となる児童の生計を維持されている方

(注意)ただし、支給対象となる児童が児童福祉施設に入所している場合は、当該施設の設置者等が受給者となります。 

支給額(児童1人当たりの月額)

年齢別の支給額一覧
児童の年齢 児童手当の額
3歳未満(3歳の誕生日の属する月まで) 15,000円
3歳~小学生 第1子、第2子 10,000円
第3子以降 15,000円
中学生 10,000円
  • (注意1)児童を養育している方の所得が、所得制限限度額以上の場合は、『特例給付』として対象児童1人当たり月額5,000円の支給となります。
  • (注意2)「第3子以降」とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの養育している児童のうち、3番目以降の子を言います。

支給を受けるための手続き等

手当の支給を受けるためには、支給要件の受給者にあたる方が、住所地の市区町村に申請(認定請求)を行う必要があります。

出生・転入等により、新たに受給資格が生じたときや、変更となったとき

事実(出生・転入)が発生した日の翌日から起算して15日以内に、窓口にて「認定申請」や「変更届」の手続きを行ってください。
手当は原則として、請求した月の翌月分から支給されます。
手続きが遅れた場合、遅れた月分の手当を受給できなくなりますので、ご注意ください。

里帰り出産等で住所地に出生届を提出されなかった場合

事実が発生した日の翌日から起算して15日以内に、住所地にて児童手当の手続きを、忘れずに行ってください。
手続きが遅れた場合、遅れた月分の手当を受給できなくなりますので、ご注意ください。
詳しくは、お問い合わせください。

公務員の方

公務員の方は、勤務先から児童手当が支給されます。勤務先へ請求してください。
(ただし、独立行政法人、地方独立行政法人等の職員の方は燕市へ請求してください。詳しくはお問い合わせください。)

手続きに必要なもの

  1. 申請者の健康被保険者証の写し(ただし、燕市国民健康保険加入者は不要)
  2. 申請者名義の金融機関口座の分かるもの(配偶者、児童名義の金融機関口座へは支給できません)
  3. 申請者と配偶者のマイナンバーカードまたは通知カード(対象児童と受給者の住所地が異なる場合は、対象児童分も必要です)
  4. 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)
  5. 印鑑(スタンプ式ではないもの)
  6. その他(必要に応じ、追加で書類の提出が必要になる場合があります)

申請書(認定請求書・額改定届・受給事由消滅届等)は下記のリンクからダウンロードできます。

申請内容を審査のうえ、受給資格に適合する人には、認定通知書を送付します。

支給日等

原則として、毎年6月、10月、2月の10日に、それぞれの前月までの4か月分の手当を支給します。
(ただし、10日が金融機関休業日の場合はその前営業日となります)

   【令和3年度】

  • 6月期(2月~5月分)    : 令和3年6月10日(木曜日)
  • 10月期(6月~9月分) :令和3年10月8日(金曜日)
  • 2月期(10月~1月分) :令和4年2月10日(木曜日)

(注意)保育料や申し出があった方についての学校給食費などを、児童手当等から徴収することができます。また、児童手当等の全部または一部を受けず、地域の児童の健やかな成長を支援するため、市に寄付することができます。詳しくはお問い合わせください。

児童手当のパンフレット

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 社会福祉課 児童福祉係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8186

メールフォームによるお問い合わせ