燕市チャレンジ・ファーマー支援事業

更新日:2021年04月02日

【受付終了】令和3年度 チャレンジ・ファーマー支援事業

令和3年度チャレンジ・ファーマー支援事業は、予算が上限に達したため受付終了しました。

 

農地集積等による経営規模の拡大や、複合営農化に向けた取り組み、先進技術を活用した積極的な省力化等に新たにチャレンジする農業者を支援します。

1.規模拡大支援

対象者

市内在住で70歳以下の認定農業者、70歳以下の人・農地プラン掲載者、設立後3年以内の農地所有適格法人

補助対象経費

経営規模拡大により必要な新たな設備導入費、または既存の設備更新費
※設備更新については、既存設備能力を超える新たな設備への入替のみ対象

補助率

補助対象経費の4分の1(50歳未満は2分の1)※上限150万円

対象要件(1と2の両方を満たすこと)

  1. 農地中間管理機構から農地の賃借権又は使用貸借による権利の設定を受け、新たに集積することにより、申請時(申請年度)の経営面積が申請前年度(申請前年度の4月1日)と比較して増加(個人1ヘクタール以上、法人2ヘクタール以上)していること。
  2. 申請年度を含む向こう3年度以内に農地中間管理機構を通じて集積を行い、新たに経営面積の増加(個人2.5ヘクタール、法人5ヘクタール)が見込まれること。

ただし、圃場整備事業による地域集積等の理由から経営面積が増大した場合は対象外。

面積の詳細
区分 申請時(前年度からの増加面積) 集積計画(向こう3年)
個人 1ヘクタール以上 2.5ヘクタール
法人 2ヘクタール以上 5ヘクタール

2.複合営農支援

新たな作物への取り組みや特産品開発、GAP等の規格認証取得にかかる費用の一部を補助します。

対象者

市内在住で70歳以下の認定農業者、70歳以下の人・農地プラン掲載者、農地所有適格法人、3戸以上の農業者等で構成する任意の団体等

補助率

補助対象経費の4分の1(50歳未満は2分の1)
※上限50万円

(1)複合営農チャレンジ

補助対象経費

複合営農化に向けて必要となった機械器具およびその付帯設備等の導入費用
※汎用性の高い機械等の導入費は対象外

対象要件

新たな園芸作物への取り組み、またはすでに取り組んでいる園芸作物の作付面積を20%以上拡大する取り組み

(2)特産品開発チャレンジ

補助対象経費

新たな特産品開発に向けての開発経費

(3)GAP認証取得チャレンジ

補助対象経費
  • GAP等の規格認証の取得にかかる経費
  • その取得に伴い必要となる器具設備等の導入費または施設整備費

※更新費用や汎用性の高い設備(パソコン等)の導入費は対象外

3.先進技術導入支援

ドローン、AI、ICT等の先進技術の導入に必要となる設備や、解析等にかかる経費等の一部を補助します

対象者

市内在住で70歳以下の認定農業者、70歳以下の人・農地プラン掲載者、農地所有適格法人、3戸以上の農業者等で構成する任意の団体等

補助対象経費

ドローン、AI、ICTといった、これまでに無い新たな技術の導入に必要となった経費等
※汎用性の高い設備(パソコン等)の導入費は対象外

補助率

補助対象経費の4分の1(50歳未満は2分の1)※上限100万円

申請について

【終了】申請受付

令和3年4月1日~随時 ※予算に達したため受付終了しました

申請書類

様式第1号 交付申請書
様式第2号 事業計画書(変更事業計画書)
様式第8号 認定前着手届
納税証明書交付申請書・納税証明書 ※申請時に必要です

実績報告書類

様式第11号 実績報告書
この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 農政課 農政企画係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8242

メールフォームによるお問い合わせ