病児・病後児保育

更新日:2021年09月30日

子どもが病気で保育園に預けられないけど、仕事は休めない…
子どもの具合が悪くて学校には行けないけど、都合が悪くて家庭で看護できない…
そんなときは、病児保育室「あおぞら」をご利用ください。

お預かりできるお子さん

次の条件をすべて満たす必要があります

  1. 燕市に居住する生後6か月から小学校6年生までの児童であること
  2. 病気または病気の回復期にあるため、集団保育が困難であること
  3. 保護者の勤務等の都合で、家庭での保育が困難であること

(注意)次のような場合は、お預かりができません。

  1. 病状が重く、入院加療が適当と実施施設の医師が判断したとき
  2. 麻疹、結核症などの強い感染症

また、お預かりする日までの2週間以内に家族等が県外から移動してきたお子さんはお預かりできません。

期間 2020年4月6日(月曜日)から 感染拡大が収まるまで

お預かりする施設

病児保育室「あおぞら」

住所:燕市吉田3507番地3(たかだ小児科医院併設)
電話:0256-78-8014
定員:8名

開設日時

開設日

月曜日から金曜日
(祝日、年末年始を除く。医院休診の場合、お休みする場合があります。)

開設時間

  • 通常時間:午前8時30分~午後5時30分
  • 早朝時間:午前8時~午前8時30分
  • 延長時間:午後5時30分~午後6時

利用方法

お子さんが元気なときに(利用前)

いざという時にあわてないよう、事前に登録をしましょう。

「病児・病後児保育室利用登録票」に必要事項を記入し、燕市教育委員会子育て支援課に提出してください。
登録票は、燕市子育て支援課と病児保育室「あおぞら」にも用意してあります。
急なご利用の場合は、直接病児保育室「あおぞら」に提出することもできます。

お子さんが病気になったら

1.かかりつけの医療機関を受診しましょう

医師から「病児・病後児保育病状連絡票」を記入してもらいます。連絡票は、燕市内の小児科、内科、耳鼻咽喉科、眼科に用意してあります。

2.予約の連絡をしましょう

前日の午後5時30分までに病児保育室「あおぞら」に電話で利用の予約をしてください。

当日急に利用が必要になった方も、病児保育室「あおぞら」にお問い合わせください。
時間の変更やキャンセルをする場合には、必ずわかった時点でお早めにご連絡ください。
(電話受付:午前8時~)

3.利用当日

病児保育室「あおぞら」へお越しください。

当日持参していただくもの
  1. □ 医師から記入してもらった「病児・病後児保育病状連絡票」(PDFファイル:82.8KB)
  2. □ 健康保険証
  3. □ 母子健康手帳
  4. □ 医師の診断で処方された薬(発熱のある場合は座薬も必要です)
  5. □ お薬手帳(薬を使用しない場合もご持参ください)
  6. □ 昼食(乳児はミルク・哺乳瓶)
  7. □ 飲み物(水、お茶、イオン水など)​
  8. □ 着替え(下着・衣類)
  9. □ タオル(汗拭き、枕タオル用)
  10. □ エプロン・おしぼり(必要な方のみ)
  11. □ おむつ・おしりふき・ポリ袋3枚程度
  12. □ 利用料金

(注意1)すべての持ち物に名前を書いて、一つのかばんに入れてください。

(注意2)おむつ、おしりふきや下着などの消耗品には、別途実費がかかりますのでご持参ください。

利用料

  • 1日:2,000円
  • 半日(4時間以内):1,000円

早朝、延長時間は、それぞれ200円が加算されます。

(注意)次の世帯は、申請により利用料が無料になります。ただし、毎年度免除申請が必要です。

  • 生活保護受給世帯
  • 4月~8月利用分…前年度市民税非課税世帯
  • 9月~3月利用分…現年度市民税非課税世帯

「病児・病後児保育事業利用料免除申請書」をダウンロードして必要事項を記入し、利用日前に燕市教育委員会子育て支援課に提出してください。
申請書は、燕市子育て支援課にも用意してあります。

Q&A

質問1 就労していませんが、子どもを預けることはできますか?

回答1

就労していない場合でも、保護者が病気・ケガのとき、冠婚葬祭とき、家族の介護をしなければならないときなど、家庭での保育・看護が困難な場合は利用することができます。

質問2 利用できないときは、どんなときですか?

回答2

  1. 定員を上回るお申し込みがあったとき
  2. 症状が重く、医師が病児・病後児保育の利用を適当でないと判断したとき
  3. 麻疹、結核症などの強い感染症

質問3 「病児・病後児保育病状連絡票」に有効期限はありますか?

回答3

医師が証明した日から7日以内です。ただし、症状が変わったら再度受診していただく必要があります。

病気のお子さんを預けるのは不安ですよね

不安なこと、心配なこと、ご要望等ありましたら、お気軽に病児保育室「あおぞら」または子育て支援課へお話しください。

各種様式とリーフレットはこちらからダウンロードできます

(注意)燕市子育て支援課と病児保育室「あおぞら」にも用意してあります。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 子育て支援課 保育・幼児教育係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8222

メールフォームによるお問い合わせ