戸籍・住民登録・外国人住民・印鑑・自動車臨時運行許可

更新日:2021年06月02日

時間外窓口については以下をクリックしてください。

戸籍の届出

戸籍の届出の詳細
このようなとき 種類 届け出 必要なもの
子どもが
生まれたとき
出生届 出生した日を含め14日以内
  • 出生届書(出生証明書)
  • 届出人(父または母)の印鑑
  • 母子健康手帳

(注意)児童手当・医療費助成(子ども・妊産婦)等の手続きで下記のものが必要になります。

  • 健康保険証(お子さんが入る予定のもの)
  • 預金通帳(児童手当の請求者名義のもの)
(注意)希望者に記念撮影・誕生証の交付を行っています。
出生・婚姻記念証
死亡したとき 死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内
  • 死亡届書(死亡診断書)
  • 届出人の印鑑
(注意)後日の手続きで下記のものが必要になります。
  • 燕市からお出ししている保険証等
結婚したとき 婚姻届 届けた日から成立します
  • 婚姻届書(証人欄に成年者2名の署名・押印)
  • 燕市に本籍のない人は戸籍の全部事項証明書(謄本)
  • 夫、妻それぞれの印鑑(届出書に押したもの)
  • 本人確認できる書類(下記※を参照)
  • 未成年者が婚姻する時は父母の同意書
(注意)希望者に記念撮影・結婚証の交付を行っています。
出生・婚姻記念証
離婚したとき 離婚届 裁判離婚の場合は調停成立・審判確定・判決確定から10日以内
  • 離婚届書
  • 届出人の印鑑
  • 本人確認できる書類(下記※)を参照
  • 協議離婚の場合、証人(成年者2名)の署名・押印
  • 裁判離婚の場合、調停調書の謄本、または審判書もしくは判決の謄本と確定証明書
  • 燕市に本籍のない人は戸籍の全部事項証明書(謄本)

(注意)本人であると確認できる主なものとは次のようなものです。

  • 官公署が発行した写真入りの身分証明書
    (運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付で有効期限内のもの)等)

住民登録

  • (注意1)受付時間は月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時15分までになります。
  • (注意2)異動する本人以外が来庁される場合、委任状が必要となる場合があります。
住民登録の詳細
このようなとき 種類 届け出期間 必要なもの
市外から引っ越してきたとき 転入届 住み始めた日から14日以内
  • 届出人の印鑑
  • 本人確認できる書類(下記(注意)を参照)
  • 転出証明書(前住所地の市区町村長が発行したもの)
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている人のみ)
市外へ引っ越しをするとき 転出届

転出日前後14日以内
(注意)郵便による転出届については次のリンクをご覧ください。
郵便による転出届について
  • 届出人の印鑑
  • 本人確認できる書類(下記(注意)を参照)
  • 燕市からお出ししている保険証等
市内で引っ越しをしたとき 転居届 住み始めた日から14日以内
  • 届出人の印鑑
  • 本人確認できる書類(下記(注意)を参照)
  • 燕市からお出ししている保険証等
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている人のみ)

(注意)本人であると確認できる主なものとは次のようなものです。

  • 官公署が発行した写真入りの身分証明書
    (運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付で有効期限内のもの)等)

印鑑登録

燕市に住民登録をしてある意思能力のある15歳以上の方は、1人につき1個、印鑑を登録できます。
【印鑑登録のながれ】イメージ図

印鑑登録流れのイメージ図

印鑑登録する人は

  • 申請者ご本人ですか?
    (顔写真付き身分証明書あります(1)へ)
    (保証人がいます(2)へ)
    (どちらもあてはまりません(3)へ)
  • 代理人ですか?(3)へ

登録できない印鑑

  • 既製印
  • 三文判
  • 欠けた印鑑
  • 氏名の全部または一部を表していないもの
  • 職業や資格、その他氏名以外の事項を表しているもの
  • 印影を鮮明に表しにくいもの

申請者ご本人が窓口に来て申請する場合(即日交付ができます)

(1) 個人番号カード、免許証、パスポート、住基カード等の顔写真付き身分証明書をお持ちの場合

  1. 登録する印鑑
  2. 本人確認できる書類いずれか一点(運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付きで有効期限内のもの)等)

(注意)公的機関から発行された顔写真付き身分証明書に限ります。顔写真のついていないものは本人確認書類とはなりません。

(2) 燕市で印鑑登録している方に、保証人となってもらえる場合

  • 登録する印鑑
  • 保証人の印鑑登録証
  • 保証人の印鑑登録された印鑑

(注意)燕市に印鑑登録をしている人が、印鑑登録申請書の保証人の欄に保証の押印をしてあれば即日登録できます。

(3) 代理申請(即日交付はできません)本人が窓口に行けない場合(写真付き身分証明書がないとき)

本人確認のため、郵便で照会書を送ります。ご自宅に照会書が届きましたら、回答書にご記入の上市民課窓口までお持ちください。

  • 登録する印鑑
  • 代理人の認印本人確認できる書類(官公署が発行した写真入りの身分証明書(運転免許証、パスポート、個人番号カードなど)、保険証や年金手帳など、顔写真が無いものは書類2点が必要です

詳細は市役所市民課(電話 0256-77-8122)へお問い合わせください

戸籍・住民登録・印鑑関係の証明

(注意)本人以外の方が請求(申請)される場合は、委任状が必要となる場合があります。

戸籍・住民登録・印鑑関係の証明の詳細
種類 申請場所 必要なもの 手数料
戸籍全部事項証明書(謄本)
戸籍個人事項証明書(抄本)
市民課
電話 0256-92-1111
本人確認できる書類 1通450円
除籍全部事項証明書(謄本)
除籍個人事項証明書(抄本)
改製原戸籍謄本
改製原戸籍抄本
市民課
電話 0256-92-1111
本人確認できる書類 1通750円
戸籍附票(全部・一部) 市民課
電話 0256-92-1111
本人確認できる書類 1件300円
身分証明書 市民課
電話 0256-92-1111
本人確認できる書類 1件300円
独身証明書 市民課
電話 0256-92-1111
本人確認できる書類 1件300円
受理証明書
届書記載事項証明書
市民課
電話 0256-92-1111
本人確認できる書類
(注意)死亡届の記載事項証明書について詳しくは次のリンクから
死亡届記載事項証明書
1通350円
住民票(世帯全員・一部) 市民課
電話 0256-92-1111
本人確認できる書類 1件300円
住民票記載事項証明 市民課
電話 0256-92-1111
本人確認できる書類 1件300円
印鑑登録証明書 市民課
電話 0256-92-1111
印鑑登録証 1件300円

(注意)本人確認できる書類とは主に次のようなものです。

  • 官公署が発行した写真入りの身分証明書
    (運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真付で有効期限内のもの)等)

広域交付住民票の写しの請求手続き

広域交付の住民票とは

 燕市以外に住民登録をされている方の住民票を発行するサービスです。住民票以外の証明書は発行できません。また広域交付住民票には、本籍地や筆頭者は表示できません。

  • 受付時間
    月曜日から金曜日(平日)午前9時から午後5時まで
    (注意)土曜日・日曜日・祝日を除く
    (注意)休日開庁時は不可
  • 請求・提出先
    市役所1階 (2)番窓口 市民課
    燕・分水サービスコーナーでは、手続きできませんのでご注意ください。
  • 手数料
    1通 300円
  • 請求できる方
    対象者ご本人、または対象者と同一世帯に属する方のみ。第三者による請求はできません。また、請求の際には、個人番号カードまたは、運転免許証やパスポートなど官公署が発行した本人確認書類が必要です。
  • 請求書類

問い合わせ先

市民課窓口係 電話0256-77-8122(直通)

自動車臨時運行許可に関する手続き

お知らせ
(注意)2019年4月1日から自動車臨時運行許可申請書の様式が全国統一様式に変更され、申請書への押印が不要になりました。なお旧申請書も使用できますので、よろしくお願いします(A5判複写)。

自動車臨時運行許可(仮ナンバー)制度とは

 自動車が道路上を運行するには、道路運送車両法に定められた基準を満たしていなければなりません。臨時運行許可とは、未登録の自動車の新規登録、新規検査、自動車検査証の継続検査(車検)を受けるためなどの目的で公道を運行する必要がある場合に、目的・期間を限定したうえで特例的に運行を許可する制度です。(臨時のナンバープレートを貸し出すことから「仮ナンバー」と呼ばれることもあります。)

申請日

 原則として、自動車を運行する当日に限ります。ただし、早朝出発や土曜日・日曜日の運行など当日の申請が困難な場合のみ、運行日の直前の開庁日に申請できます。

受付時間

月曜日から金曜日(平日)の午前8時30分から午後5時15分まで
(注意)土曜日・日曜日・祝日・12月29日から1月3日を除く
(注意)休日開庁時は不可

請求・提出先

市役所1階 (2)番窓口 市民課
燕・分水サービスコーナーでは、手続きできませんのでご注意ください。

手数料

1通 750円

申請に必要なもの

  • 自動車臨時運行許可申請書(PDFファイル:146.8KB)
  • 車体番号が確認できる公的書類(写しでも可)
    (車検証・限定自動車検査証・抹消登録証・自動車検査証返納証明書・譲渡証明書など)
  • 自動車損害賠償責任保険(自賠責)証書の原本
    (注意)ただし、運行許可期間内のすべての日に保険に加入していること。保険期間最終日は正午で保険が満了するため、申請しても許可されません。
  • 個人の場合は、申請者の本人確認書類(運転免許証・パスポート・個人番号カードなど)

運行期間が満了したとき

 臨時運行許可の有効期間が満了したとき、その日から5日以内に臨時運行許可証と臨時運行許可番号標(仮ナンバー)を速やかに返却してください。番号標および許可証を紛失した場合は、速やかに警察署に遺失物届をし、市民課にも届出をしてください。
2019年11月5日火曜日から、住民票やマイナンバーカード等に旧姓(旧氏)が併記できるようになり、旧姓が各種証明に使えます。

  • 各種契約や口座名義に旧姓が使われている場面で、証明に使えます。
  • 就職・転職時など、仕事の場面でも旧姓で本人確認ができます。

旧姓(旧氏)が併記できます

2019年11月5日火曜日から、住民票やマイナンバーカード等に旧姓(旧氏)が併記できるようになり、旧姓が各種証明に使えます。

  • 各種契約や口座名義に旧姓が使われている場面で、証明に使えます。
  • 就職・転職時など、仕事の場面でも旧姓で本人確認ができます。
  • 申請方法は市民課にお問い合わせください。
マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)が併記できる案内チラシ(表)
マイナンバーカード等に旧姓(旧氏)が併記できる案内チラシ(裏)

リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課 窓口係
〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号:0256-77-8122
メールフォームによる問い合わせ