就学援助制度

更新日:2022年07月20日

市では、小・中学校でかかる費用の一部を援助する就学援助制度を設けています。
申請は年度途中でも随時受け付けています。

2022年度(令和4年度)就学援助の申請受付について

援助を受けることができるご家庭

前年度または今年度において、次のいずれかの措置を受けたご家庭もしくは経済的に援助が必要と教育委員会が認定したご家庭です。

  1. 現在生活保護を受けている、又は停止あるいは廃止され、依然生活が困難である方
  2. 市民税が非課税、あるいは市民税、事業税、固定資産税、国民年金の保険料、国民健康保険税のいずれか減免されている方
  3. 児童扶養手当の一部または全部支給を受けている方
  4. 生活福祉資金貸付制度による貸付を受けている方
  5. 上記以外で経済的に困っている方
  6. 新型コロナウイルス感染症の影響により今年になって家計が急変した方


申請理由6について
就学援助の認定は、通常は前年の所得をもとに行いますが、新型コロナウイルス感染症の影響により今年になって家計が急変した世帯については、今年の収入をもとに認定を行います。
 

認定の基準(家族構成と基準額の例)
家族数 家族構成

世帯の総所得額
(前年の所得)

2人 母(35歳)・小学3年 約185万円以下
3人 父(42歳)・母(38歳)・小学4年 約240万円以下
4人 父(45歳)・母(42歳)・中学2年・小学5年 約310万円以下
5人 父(47歳)・母(43歳)・中学3年・小学6年・祖父(73歳) 約355万円以下
6人

父(46歳)・母(43歳)・中学2年・小学4年
保育園(4歳)・祖母(70歳)

約395万円以下
  • 表に示した「世帯の総所得額」はあくまで申請にあたっての目安です。家族構成や年齢等により基準額は異なります。ご自分の世帯が該当になるか悩む場合は、一度申請されることをおすすめします。
  • 所得額とは、収入金額から必要経費を差し引いた額をいいます。
  • 前年の世帯所得を基に認定を行います。申告(確定申告等)が必要な方は、申告が済んでいないと、前年の総所得額が確認できないため認定できません。申請の前に必ず済ませてください。
  • 扶養に入っていない配偶者や入学予定者・児童生徒の兄弟、同一生計世帯(住民票上の世帯)の叔父・叔母等も対象となりますので、ご注意願います。

援助費目

  • 学用品費
  • 通学用品費
  • 校外活動費
  • 修学旅行費
  • 学校給食費
  • 児童会費・生徒会費
  • PTA会費
  • 新入学児童生徒学用品費等
  • 通学用ヘルメット購入費(自転車通学をする中学1年生のみ)
  • オンライン学習通信費
  • 医療費(むし歯、結膜炎、中耳炎など指定された疾病)

(注意1)学校給食費・医療費は、燕市立の小・中学校に在籍している場合のみ援助します。
(注意2)生活保護受給世帯は、修学旅行費・医療費・通学用ヘルメット購入費・オンライン学習通信費のみ援助します。
(注意3)オンライン学習通信費は、通学する学校において家庭でのオンライン学習が実施されており、かつ家庭に通信環境が整備されており、実際に通信費負担がある場合に支給します。

支給時期

7月・12月・3月(年3回に分けて支給します)

申請期限

  • 2022年度小学1年生……令和4年4月13日(水曜日) まで
  • 上記以外の児童生徒……令和4年3月4日(金曜日) まで

上記の期限以降も申請は随時受け付けます。
ただし、認定となった場合の開始時期は、申請された月の翌月からとなります。

申請方法

  • 燕市立の小・中学校では、この制度についてのお知らせを、毎年学校を通じて各ご家庭にお配りしています。申請書に必要事項を記入のうえ、添付書類を添えてお子さんの通学している学校へ提出してください。
  • 年度途中でも随時受け付けています。ただし、認定となる場合の開始時期は申請された月の翌月からとなります。
  • 申請書は以下からダウンロードできます。また、各小・中学校、燕市学校教育課(市役所3階18番窓口)にもあります。

2022年度(令和4年度)就学援助費申請書

添付書類(写し可)

  • 市民税の減免を受けている人……市民税減免承認通知書
  • 国民年金保険料、国民健康保険税の減免を受けている人……国民年金保険料免除通知書(証明書)または国民健康保険料減免承認通知書
  • 児童扶養手当の支給を受けている人……児童扶養手当証書
  • 生活福祉資金貸付制度による貸付を受けている人……貸付決定通知書
  • 事業所得の人……確定申告書の控え
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した方……収入が著しく減少したことを証明する書類(給与明細等) 詳しくはお問い合わせください。

2022年1月1日時点で燕市以外に住所があった方は、前住所地が発行する2022年度(2021年分)所得課税証明書を、発行が可能になる6月以降に提出していただく場合があります。

 

 

 

「新入学児童生徒学用品費等」を入学前に支給します【2022年度(令和4年度)入学者】

申請受付は終了しました。


認定された方に対して、就学援助の援助費目のうち、入学に必要な学用品の購入費にあてていただく「新入学児童生徒学用品費等」を入学前の3月に支給します

対象者

 2022年3月時点で、就学援助の認定を受けている小学校入学予定者または中学校入学予定者(小学校6年生)の保護者

  • (注意1)燕市内に住所を有する方に限ります。
  • (注意2)転出予定の方は除きます。
  • (注意3)市外からの区域外就学者の方は除きます。
  • (注意4)生活保護受給世帯は除きます。
  • (注意5)特別支援学校の入学予定者は除きます(就学援助とは別に補助制度があるため)。

援助を受けることができるご家庭

 前年度または今年度において、次のいずれかの措置を受けたご家庭もしくは経済的に援助が必要と教育委員会が認定したご家庭です。

  1. 生活保護を停止あるいは廃止され、依然生活が困難である方
  2. 市民税が非課税、あるいは市民税、事業税、固定資産税、国民年金の保険料、国民健康保険税のいずれか減免されている方
  3. 児童扶養手当の一部または全部支給を受けている方
  4. 生活福祉資金貸付制度による貸付を受けている方
  5. 上記以外で経済的に困っている方
  6. 新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した方

援助費目

  • 小学校入学予定者……新入学児童生徒学用品費等
  • 中学校入学予定者……新入学児童生徒学用品費等(その他、認定月に応じて学用品等の援助費目の支給がある場合があります。)

支給時期

2022年3月

申請期限

  • 小学校入学予定者……2月8日(火曜日)まで
  • 中学校入学予定者……2月28日(月曜日)まで

申請方法

小学校入学予定者

  • 申請書に必要事項を記入のうえ、添付書類を添えて、提出期限までにお子さんが通われている幼稚園・保育園・こども園へ提出してください。
  • 申請書類は通われている幼稚園・保育園・こども園等を通じてお配りしています。

中学校入学予定者

  • 現在、就学援助に認定されていない方は、申請書に必要事項を記入のうえ、添付書類を添えて、提出期限までにお子さんが通われている学校へ提出してください。
  • 現在、就学援助に認定されている方は、入学前支給に関する申請は不要です。

 

申請書は、以下からもダウンロードできます。また、燕市学校教育課(市役所3階18番窓口)にもあります。

2021年度(令和3年度)就学援助費(新入学児童生徒学用品費等)申請書

申請書の様式は、小学校用と中学校用とで異なりますのでご注意ください。

(注意)
「新入学児童生徒学用品費等」の入学前支給は、2021年度(令和3年度)予算での支給となるため、申請書は「令和3年度分」となっています。
2022年度(入学後)に、新入学児童生徒学用品費等」以外の就学援助費目について支給を希望される方は、別途申請してください。本ページ上部の「2022年度(令和4年度)就学援助の申請受付について」に申請方法等を記載しております。

小学校入学予定者用

中学校入学予定者用

添付書類(写し可)

  • 市民税の減免を受けている人……市民税減免承認通知書
  • 国民年金保険料、国民健康保険税の減免を受けている人……国民年金保険料免除通知書(証明書)または国民健康保険料減免承認通知書
  • 児童扶養手当の支給を受けている人……児童扶養手当証書
  • 生活福祉資金貸付制度による貸付を受けている人……貸付決定通知書
  • 事業所得の人……確定申告書の控え
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した方……収入が著しく減少したことを証明する書類(給与明細等) 詳しくはお問い合わせください。

2021年1月1日時点で燕市以外に住所があった方は、前住所地が発行する2021年度(2020年分)所得課税証明書を提出してください。

注意点

  • 2022年度(入学後)も引き続き就学援助の支給を希望される方は、2022年度の申請が必要です。
    本ページ上部の「2022年度(令和4年度)就学援助の申請受付について」をご覧いただき、「2022年度(令和4年度)就学援助費申請書・承諾書(兼委任状)」を提出してください。
    (注意)入学前支給のものとは申請書類が異なりますので注意してください。
  • 新入学児童生徒学用品費等の入学前支給の認定対象とならなかった場合でも、2022年度(入学後)就学援助の4月認定者となった場合は、入学後(7月)に新入学児童生徒学用品費を他の援助費目と併せて支給します。
  • ただし、新入学児童生徒学用品費の支給を受けられるのは入学前か入学後のいずれか一回です。
この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育課 学事保健係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8211

メールフォームによるお問い合わせ