広島平和記念式典派遣事業

更新日:2021年08月26日

市では2006年12月25日に「非核平和都市宣言」を行いました。

その後、2008年度から非核平和宣言推進事業及び平和学習活動実施の一環として、市内5中学校から代表生徒それぞれ1名を、広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式(広島平和記念式典)をはじめとするさまざまな催しに派遣し、国際的な視点で命の尊厳や平和の尊さについて理解できる生徒を育成することを目的とする広島平和記念式典派遣事業を行っています。
事業の集大成として派遣生徒は、平和大使として市と各学校でそれぞれ報告会を開催し、命の尊厳や平和の尊さについて広く伝えていきます。

2021年度 広島平和記念式典派遣事業について

昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、今年度も生徒派遣は行わないことといたしました。
今後は市内の中学生を対象に、平和学習を通して、命の尊厳や平和の尊さについて考える学習を実施いたします。

市内中学校で実施する平和学習について

  • 千羽鶴の作成(対象:全学年)
    平和への願いを込めて各学校で作成し、市がとりまとめて広島市へ送ります。
     
  • 平和学習用資料DVDの視聴(対象:3年生)
    DVD『ヒロシマ 母たちの祈り』(広島平和記念資料館所蔵)を視聴します。
     
  • 令和元年度に広島平和記念式典に参加した代表生徒の派遣事業報告会での様子を収録したDVDを視聴し、当時の生徒が命の尊厳や平和の尊さについて考えたことを共有します。(対象:希望校の全学年)
     
  • 広島市基町高校美術部の生徒が被爆者との対話を元に描いた「原爆の絵」を閲覧し、被爆体験をより深く理解します。(対象:希望校の全学年)


※実施後は、平和学習を通して生徒が感じたことや今後取り組みたいこと等をまとめた報告書を作成し、市ホームページで公開する予定です。

2020年度 広島平和記念式典派遣事業について

新型コロナウイルス感染症拡大による式典の規模縮小や移動時の感染リスクを考慮し、生徒派遣は行わないことといたしました。

今後は、市内の中学生を対象に、平和学習用の資料DVDの視聴や千羽鶴の作成などを通して、命の尊厳や平和の尊さについての学習を実施し、アンケート結果を公開いたします。

2019年度 広島平和記念式典派遣事業報告会【開催報告】

終了しました。多くの方からご来場いただき、ありがとうございました。

  • 日時:9月1日 日曜日 午後1時30分から午後2時30分
  • 場所:燕市役所 つばめホール
  • 内容
    1. 開会
    2. あいさつ(教育長)
    3. 来賓紹介
    4. 活動報告(指導主事)
    5. 平和大使「学びの報告」
    6. ねぎらいの言葉(燕市長)
    7. 閉会

 8月5日から7日まで、市内の中学校代表生徒5人が広島市を訪問し、広島平和記念式典に参列しました。生徒は、3日間の行程の中で、各中学校の生徒が制作した千羽鶴を原爆の子の像に奉納したり、被爆体験講話を受講したりしました。また、とうろう流しなども経験し、命の大切さや平和の尊さを学びました。

 9月1日の報告会では、90名を超える来場者の前で、派遣生徒が実際に広島で、見て、聴いて、感じたことを「学びの報告」として発表し、来場者からは「ありがとう、来てよかった」「派遣生徒の平和への想いが伝わった」との声が寄せられました。また、会場のエントランスホールでは原水爆禁止日本協議会よりお借りした、広島市基町高等学校の生徒が描いた「原爆の絵」の写真を展示し、来場者へ原爆の凄惨さや平和の尊さを伝えました。

大きなスクリーンがあるホールで着席している参加者たちの写真
ホールに着席した参加者たちを横アングルから映した写真
壇上に立ち、参加者に向けて話す児童5名の写真
会場内の展示物を見て回る参加者の写真
2019年度 広島平和記念式典派遣事業のチラシ

平和大使の活動

実施報告書

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育課 指導係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8191

メールフォームによるお問い合わせ