新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

更新日:2021年05月07日

新型コロナウイルスの感染拡大とともに、感染者だけでなく、その職場や御家族、濃厚接触者、治療にあたっている医療スタッフや介護従事者、海外から帰国された人、日本に居住する外国人などに対し、誹謗中傷やSNSなどへの心ない書き込み等が広がっていると報道されています。

こうしたことが行われると、感染を疑われる症状が出ても、検査のための受診や、保健所への正確な行動歴や濃厚接触者の情報提供をためらってしまうなど、感染拡大の防止に支障が出る恐れがあります。

感染者のみならず、その職場、家族などへの差別的発言や誹謗中傷は、対象となった人々の心を深く傷つける行為であり、絶対にあってはなりません。

市民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症に関連する情報については、公的機関から発信される正確な情報を確認いただき、人権に配慮した冷静かつ賢明な行動をとっていただくようお願いいたします。

私たちがたたかう相手は、人ではなくウイルスです。

不安な気持ちを攻撃という形で人にぶつけるのではなく、ひとりひとりがそれぞれの立場で今できることを考え、実行に移すことで不安を乗り越える第一歩を踏み出しましょう。

不当な差別偏見は絶対にやめましょう

(イラスト)偏見や差別にあたること

日本赤十字社が作成した以下の動画、資料も是非ごらんください。

誹謗中傷などによりお困りの方は、下記の人権相談窓口にご相談ください。

人権に関する相談窓口(法務局)

みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

電話番号
0570(003)110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

子どもの人権110番

電話番号 0120(007)110(平日午前8時30分から午後5時15分まで)

外国語人権相談ダイヤル(Foreign-language Human Rights Hotline)

電話番号 0570-090911(平日午前9時から午後5時まで)

参考リンク先

この記事に関する問合せ先

市民生活部 市民課 市民生活係
〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号:0256-77-8107
メールフォームによる問い合わせ