令和3年度採択結果【燕市中心市街地再生モデル事業】

更新日:2021年10月01日

「クロスロード宮町」 株式会社 つばめいと

令和3年度に採択した提案事業の内容について公開します。

下記整備スケジュールにも示しますが、事業内容について協働体制で練り上げるため、随時実施内容に変更を加えていきます。

申請者

申請者名:株式会社 つばめいと 代表取締役 山後 春信

住所:燕市宮町6番26号(提案エリアに含まれるシェアオフィス完成後,移転予定の住所)

共同実施体制:月に1度以上のミーティングや複数の団体が協力してマルシェを実施しているなど、共同実施体制が認められました。計画を推進する構成員にはカメラマンやデザイナー、産業観光を推進する会社などと商店街の既存店舗が参加する構成です。

事業コンセプト

燕市イノベーション拠点整備事業」を活用しシェアオフィスの整備を進めている宮町エリアを対象として、外壁等に老朽化が見られ大規模な改修を必要とする空き家の解体、空き店舗の改修、空き地の活用を進めながら、新規店舗を誘致するほか、マルシェ等の多様なソフト事業を並行して実施することで、未来を担う若者が中心となり、新しい価値を創造するまちづくりを行う。

cross road image

提案内容

  1. 空き家解体後の跡地を活用したイベント広場を整備
  2. 老朽化した空き家を解体し、新規店舗等3件を建設し、商店街に新たな要素を加える店舗を誘致
  3. マルシェ等、多くの市民が参加する定常的なイベント開催および学生を含めたまちづくり活動の実施

上記を基本とした既存商店街、インターン用宿泊施設を中心としたエリアに上記1.2を中心とした複数の整備計画と、同3を中心とした複数のまちづくり事業を掛け合わせて、相乗効果を生む計画で実施する内容の提案がありました。

提案箇所:燕市宮町地内(商店街を中心としたエリア約4,900平方メートルの範囲)

提案箇所には、既に整備しているインターン用の宿泊施設や、活用提案のあった神社の境内、市道の一部、現在整備中のシェアオフィスを含みます。

seibi
まちづくりコンセプト2
整備計画
整備地図

整備スケジュール

令和5年度に整備を開始するよう事業内容の検討を進めていきます。

採択を機に、民官の連携体制を構築し、それぞれの得意とする部分を担い、かつ事業効果を拡大できる部分は協働で実施することで効果が最大となるように計画の練り上げを行うこととしています。

整備スケジュール
この記事に関するお問い合わせ先

都市整備部 都市計画課 空き家等対策推進係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8264

メールフォームによるお問い合わせ