健康診査と各種がん検診など

更新日:2024年05月15日

更新情報

2024年5月15日
乳がん検診、子宮頸がん検診の受診票を発送しました。

2024年4月30日
特定健康診査、健康診査、後期高齢者健康診査、胸部レントゲン(肺がん)検診の受診票を発送しました。

令和6年度 健康診査と各種がん検診等

案内・申込書

受診票の発送状況(令和6年度)

検診の申し込みをされた方には受診票を郵送します。受診票は、各検診開始日の約1カ月前から遅くとも2週間前までに発送します。発送次第、こちらのページに掲載します。

 

  • New 乳がん検診、子宮頸がん検診の受診票を5月中旬に発送しました(2024年5月15日更新)。
  • 特定健康診査、健康診査、後期高齢者健康診査、胸部レントゲン(肺がん)検診の受診票を4月下旬に発送しました(2024年4月30日更新)。

特定健康診査・健康診査

種別 対象者 内容 自己負担金 実施時期など
特定健康診査 40歳から74歳の燕市国民健康保険加入者 問診・身体計測・腹囲測定・血圧測定・血液検査・尿検査・医師の指導、心電図・眼底検査は希望者のみ 無料(心電図・眼底検査は1,000円)注1

6月~9月、対象者には受診票を郵送

健康診査 19歳~39歳、受診日当日の年齢が75歳以上、後期高齢者医療制度加入者、生活保護受給者 問診・身体計測・血圧測定・血液検査・尿検査・医師の指導、心電図・眼底検査は希望者のみ 500円(心電図・眼底検査は別途1,000円)注1、注2 5月~9月、特定健康診査と同日

注1)65歳以上の心電図・眼底検査は無料です。
注2)後期高齢者医療制度加入者の健康診査は無料です。

がん検診など

実施時期などは変更になる場合があります。詳しい日程は、各種検診の受診票裏面をご覧ください

種別 対象者 内容 自己負担金 実施時期、注意事項など
胸部レントゲン(肺がん検診) 40歳以上 問診・胸部レントゲン間接撮影・喀痰検査(必要な人のみ) 500円(喀痰検査は別途500円) 5月~9月、特定健康診査・健康診査と同日
胃がんバリウム検診 40歳以上 問診・胃部のレントゲン間接撮影(バリウム検査) 500円 9月~11月、大腸がん検診と同日実施、腸閉塞の既往・バリウムアレルギーのある人は受けられません
大腸がん検診 40歳以上 問診・便潜血検査(2日法) 500円 9月~11月、胃がんバリウム検診と同日

子宮頸がん検診(医療機関検診)

20~39歳の女性、40歳以上で偶数年齢の女性(奇数年齢で令和5年度未受診者も含む) 問診・視診・内診・子宮頚部の細胞診 500円 6月~2月
乳がん検診(集団・医療機関) 40歳以上の女性で、令和5年度に市の乳がん検診を受けていない人 問診・乳房レントゲン撮影(マンモグラフィ)、40歳~49歳は2方向、50歳以上は1方向撮影 500円 集団7月~8月、医療機関6月~2月
骨粗しょう症検診 40歳・45歳・50歳・55歳・60歳・65歳・70歳の女性 問診・ひじから手首のレントゲン撮影による骨密度測定 600円(65歳以上は無料) 7月~8月
前立腺がん検診 50歳・55歳・60歳・65歳・70歳・75歳・80歳の男性 問診・血液検査による前立腺特異抗原体検査 500円 7月~8月、胃がんリスク検診・肝炎ウイルス検診と同日

肝炎ウイルス検診

40歳以上で今までで一度も検査を受けたことのない人 問診・血液検査によるB型・C型肝炎ウイルス検査 500円注1 5月頃に申込受付、検診7月~8月、前立腺がん検診・胃がんリスク検診と同日
胃がんリスク検診 40歳・45歳・50歳・55歳・60歳・65歳・70歳で、一度も検査・除菌をしたことのない人 問診・血液検査によるピロリ菌の感染の有無と、胃の粘膜の萎縮の度合いを調べる検査 1,000円

7月~8月、前立腺がん検診・肝炎ウイルス検診と同日、対象者には7月上旬に案内を発送

歯周疾患検診(医療機関検診) 20歳・30歳・40歳・50歳・60歳・70歳 問診・口腔内検査・口腔ケア指導 500円(70歳は無料) 8月~11月、対象者には7月下旬に案内を発送

注1)肝炎ウイルス検診は40歳・45歳・50歳・55歳・60歳・65歳の人は無料です。

受診で早期発見!いつもの暮らしにがん検診を

大腸がん検診

大腸がん検診を受診し、要精密検査と診断されたら精密検査を受けましょう。精密検査は大腸がんの早期発見と治療のために非常に重要な検査です。精密検査の特徴やメリットなどを詳しく紹介する動画ができました。ぜひご覧ください。

受けて安心!大腸がん検診の精密検査(動画)

視聴後のアンケートはこちら

肝炎ウイルス検診

肝炎ウイルス検査は、市の検診以外にも県内の保健所や県内33病院で無料で受診できます。対象者などは以下の新潟県のサイトをご確認ください。

検診個人負担金の免除

生活保護世帯の人、または令和6年4月1日現在で「令和5年度市民税非課税世帯の人」は、事前に申請することにより検診の自己負担金が免除になります。令和6年度分の申請受付は令和6年4月1日からです。

人間ドック

人間ドックについてはこちらのリンク先をご覧ください

【担当・問合せ先】
保険年金課 国保係 0256-77-8132(直通)

【担当・問合せ先】
保険年金課 年金医療係 0256-77-8133(直通)

関連リンク

戻るリンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8182

メールフォームによるお問い合わせ