子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

更新日:2021年03月01日

 現在、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。

 2013年6月14日、厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が開催され、子宮頸がん予防ワクチンの副反応報告について審議が行われました。
 この結果、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかとなるまでの間、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を積極的に勧奨しないよう、厚生労働省から別添のとおり勧告がありました。
 このことにより、本市においても、接種の対象者又はその保護者への積極的な勧奨を差し控えることにしました。
 この度、厚生労働省から「接種勧奨にならないようにHPVワクチンの情報提供を実施するよう」通知がありました。下記のリーフレットを参考にご確認ください。

 燕市医師会の管轄内に所在する下記の医療機関で実施します。
 市外の医療機関でも接種できますので、かかりつけの医療機関にお問い合わせください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8182

メールフォームによるお問い合わせ