広報つばめ発行の月1回化について

更新日:2021年03月01日

毎月1日と15日に発行している広報つばめは、令和3年4月から月1回の発行となります。

それに伴い、市からの全戸配付物や回覧も月1回となります。

また、とじ穴もなくなりますので、ご注意ください。

市からのお知らせは、燕市公式ホームページや市公式ツイッター、市公式LINE、子育てアプリ「はぐはぐ」、防災つばめ~ルなどでも配信していますので登録・活用ください。

広報月1回化のメリット

経費削減

印刷製本費をはじめ、年間約350万円の経費削減効果が見込まれます。

自治会の負担軽減

広報や全戸配布物などが月1回となり、自治会長や班長、組長の負担が軽減されます。

とじ穴の廃止による紙面全体を使ったレイアウト

とじ穴を廃止することにより、紙面全体を使ったレイアウトが可能となります。

とじ穴を使用し、広報つばめを保管されていた方には、ご不便をおかけしますが、より見やすく、より魅力的な広報紙づくりを目指しますので、ご理解をお願いします。

自ウェブサイトやSNSでの情報発信の充実

SNSなどを駆使した情報発信にも、さらに注力することができ、市の魅力を広く発信することができます。

月1回化のイメージ

  • 毎月1日発行予定
  • 1号あたり32ページから36ページを予定
  • 重要な情報を削ることはしません
この記事に関するお問い合わせ先

総務部 広報秘書課 広報広聴係

〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地

電話番号:0256-77-8363

メールフォームによるお問い合わせ